年末年始のお休みは12月29日~1月3日の6日間です

不思議な歯の痛み

————————————-

ある年の9月中旬、40代女性が

歯の痛みで来院された。

歯痛は、つらいよ

場所は、左下の奥歯。
普段は痛みは感じないらしく、来院時は痛みは無かった。

しかし、食事中に激痛、また、夜中に疼きで睡眠不足となっており
毎日の生活に支障をきたしていた。
これが、約3ヵ月も続いているらしい。

歯科を受診するも、虫歯等の
痛みとなる原因は特定できなかった。
とりあえず鎮痛剤を処方されたが
効果が無いとのことである。

—————————————————

とりあえず、痛みが出現するらしい奥歯周辺を
体表から診ることにした。

左右の頬を比べると、左の方が腫れている。

左の頚から肩にかけて
凝りがひどい。

まず、五臓の調整を行った。
調和のとれた心地よい脈へと変化する。

次に、頚の後ににツボをとる。
頚肩のコリが、ほぐれて柔らかくなる。

最後に、左腹部から帯脈(たいみゃく)というツボをとる。
歯痛のある左頬がすっきりしてくる。

以上で、治療終了。

———————————————-

施術後、肩がとても楽になったとのこと。

しかし、歯痛に関しては、
食事をとる、または夜でないと効果が判定できない。

翌日電話にて
歯痛は、ほとんど消失し、よく眠れたとのこと。

2回目の治療で、痛み完全消失し、治療終了。

———————————————–

西洋医学から診て

痛みの原因が特定できずとも

東洋医学の視点から、

気血の滞りを見つけ出し、

それを解消することで

痛みは消失することが多いものだ。

平成己丑年壬申月庚子日 処暑