8月1日より施術料金が4,000円になります

肺炎による微熱

水火から見た微熱のバランス状態

水火から見た微熱のバランス状態

主訴:微熱  60才代 女性

その他の症状:腹が張る

——————————–

1ヶ月前より肺炎を患い、自宅近くの内科にて抗生物質による化学療法を受ける。

現在、肺炎治療は終了しており、投薬は無い。今後の受診予定は無いとのこと。

微熱が継続している。今朝の体温37.1度(平熱は35度)。

とにかく、微熱を治したいということで来院。

———————————-

細身で、皮膚の乾燥がみられる。

声に力が無い。

脈は、沈んで細く硬い。

脾の臓の脈が特に硬く感じる。

上腹部が、張っている。

———————————–

肺炎とその治療により身体が深く傷ついたと考えられ

気血共に消耗した状態である。

体表観察により、脾の臓の働きを活性化させることで

五臓(肝・心・脾・肺・腎)の調和が取れると判断した。

————————————-

施術後、上腹部の張りは消失し、つかえた感じもなくなった。

週に1および2回の頻度で治療を行い。

約1ヵ月で微熱は消失した。

————————————-

微熱は、水火のバランスで捉えることが可能だ。
何らかの原因で水を消耗し相対的に火の力が増した状態である。

よって、今回は「水をいかに増やすか」を念頭にツボを選択し、治療を組み立てた。

平成己丑年辛未月癸丑日 小暑